理 念 子どもの幸せのために

使 命

1 子どもの権利を守ります
2 一人ひとりに応じた自立を支援します

3 家族とともに子どもの成長を見守ります
4 地域と協働して子育ての支援に取り組みます

基本方針 「こんな子どもに育てたい」

1 情緒の安定をはかり、情操豊かな人間性を育てる
2 自ら生活を創り上げていこうとする自主性を育てる
3 強い心と理想をもって、現実に立ち向かっていこうとする志向性を育てる
4 仲間のことも考え育ち合っていこうとする連帯性を育てる

 

沿 革

【昭和】20年


22年
24年
27年
28年

40年



43年

 

49年
54年

 

【平成】8年
12年

 13年
18年

27年

 

10月
28日

5月
4月
9月
3月
5月
11月



4月
9月
4月
5月

 

 

3月
4月

10月
10月

4月

 

街頭にあふれた戦災孤児や浮浪児の惨状を座視するに忍びず、

前理事長は同志とともに藤沢市郊外の唐池で、彼らの養育を目的として施設を設立。
地名をとって「唐池学園」と称す。
藤沢市善行にあった旧藤沢海軍航空隊兵舎を利用して、移設。
児童福祉法による児童養護施設(当時、養護施設)として認可される。 定員40名。
前理事長が学園を題材にした小説「むぎめし学園」を著す。
厚生大臣より社会福祉法人として認可される。
「むぎめし学園」が東映により映画化。
綾瀬市(当時、高座郡綾瀬町)にアフターケア施設として

綾瀬寮を設立(のちに廃止)。
あわせて小牧場「エンデリーノ牧場」を設立(のちに廃止)。
善行周辺の急激な都市化に伴い、綾瀬市吉岡に学園を移転・新築。 定員50名。
「家庭養育支援センター」となる(のちに廃止)。
学園内に幼児棟を新設。 定員60名に変更。
学園内にシニア養護センター(高校生寮)を新設(のちに廃止)。

学園を大規模修繕し、男女混合完全縦割り小舎制とする。

 

学園内のクマサンハウス(多目的棟)を改築し、

高卒後の進学者のための居住棟を新設。
高卒後の進学者のために、「第2クマサンハウス」を新設。
地域小規模児童養護施設「ななの家」を設立。 定員6名。

地域小規模児童養護施設「よんの家」を設立。 定員6名。

☆ご寄付、その他お問い合わせはこちらへ Tel.0467-78-0012 / 0467-78-0514
受付時間 9 : 00〜17 : 00(平日)


2017年度中途または2018年度職員募集中!!

詳しくは募集情報>>>

2018年1月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2018年2月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28